レディ

40代になってから使うべき基礎化粧品について

基礎化粧品の導入

化粧水

つける順番がポイント

近年、化粧水の前に先行乳液でスキンケアする使い方が乾燥肌に悩む女性から人気を集めています。化粧水は水溶成分であるため、季節や環境によって水分がすぐに蒸発してしまい、乾燥を加速させてしまいます。一般的に乳液は化粧水の蒸発を防ぐ働きかけを行っていますが、先行乳液は乾燥トラブルに挙げられているゴワつきやガサつきなど、肌を柔らかくする役割を担います。この結果、すぐに蒸発してしまう化粧水も浸透しやすく、馴染みも良くなり、混ざり合って乳化することで水分と油分のバランスを整えられると評価されているケアステップです。特に、なめらかさが乏しい悩みは乾燥肌には多く、ヒト型セラミド配合の保湿成分が人気で、本来の肌と似た働きかけを行うセラミドであるために浸透しやすさが挙げられています。

朝と夜での使い分け

乾燥肌に悩む女性の多くは40代以降の年代で、保水性や脂質分泌が減少しやすく、季節の変わり目に乾燥しやすい若い年代の悩みとは異なるのも特徴です。老化現象の1つである肌質の変化の中でも、乾燥肌は敏感肌に結び付くために化粧水などの基礎化粧品でしっかりスキンケアを行う必要があります。さっぱり・しっとり・超しっとりなどのテクスチャの化粧水が美容メーカーから提案されていますが、乾燥肌の場合には潤いをしっかり実感できるとろみ化粧水の利用が最適です。美容液同様にとろみが付いているのが特徴で、肌に塗布すると、ケアの途中から手のひらに肌がピタッと吸い付く感触を得ることができます。もっちりした感触が十分な潤いを与えられたサインとなり、適量でもしっかり実感ができます。水溶性コラーゲン配合であれば、肌表面の潤いが保たれて化粧ノリも良くなり、加水分解コラーゲン配合であれば、分子が小さいために角質層まで浸透するなど、朝と夜で使い分けるテクニックで肌質も改善できます。