女の人

40代になってから使うべき基礎化粧品について

ニキビのための薬用化粧水

笑う女性

リプロスキンは、ニキビやニキビ跡の改善のために開発された薬用化粧水です。浸透力に優れており、あらゆるタイプのニキビ跡に対応しています。これ一本で済むため、ケアが楽になるというメリットがあります。様々な有効成分が配合されており、それらを肌の隅々まで浸透させることができるためニキビ改善に効果的です。

Read More..

手間いらずで輝く肌に

スキンケア

オンリーミネラルの粒子は普通のファンデーションと比べてはるかに微小なサイズなので、それをエアーによって吹き付けることで簡単に塗りムラのない美肌に仕上げることができます。噴霧するときは肌の余分な水分を除いてから使うのがきれいに仕上げるコツです。

Read More..

更年期障害の入り口の年代

鏡とウーマン

女性ホルモンが減少する

女性の40代となると更年期障害の入り口に差し掛かる年代です。つまり、女性ホルモンの分泌が激減して、美容にも大きな変化をもたらします。そのため、40代の女性は今まで使っていた基礎化粧品を根本的に選びなおす必要があります。特に40代の基礎化粧品ではコラーゲンを中心に考えることです。というのも、40代になると女性ホルモン特にエストロゲンが大幅に減少します。エストロゲンは肌の保水能力を保持するために必要不可欠なホルモンです。それが減少することで肌のハリや潤いが損なわれてしまいます。そこでホルモンの代わりに基礎化粧品でコラーゲンで保湿性を高めるようにするわけです。ただし、化粧品にコラーゲンが配合されていればいいという問題ではありません。

コラーゲンよりビタミンc

コラーゲンは分子が大きいため肌から浸透しにくい成分です。そのため、コラーゲン配合の化粧品を使っても表面をコーティングするだけです。だからと言って、食べても体中にコラーゲンは使われているため、望んだところにコラーゲンが増えるとは限りません。そこで40代女性にはビタミンc配合の基礎化粧品がオススメです。ビタミンcは分子が小さいため肌から浸透しやすいです。さらに、ビタミンcの働きによってコラーゲンを生成してくれます。つまり、ビタミンc配合の基礎化粧品を使った箇所でコラーゲンが増えやすくなるわけです。コラーゲンが増えれば、40代で失われがちな潤いを保ち続けることができます。またビタミンcは美白効果もあるので、その点でもメリットがあります。

RECOMMEND

  • fortune

    詳しい情報を確認しておくことができるので、メイクでおすすめとなっている内容を確認しておきたいと思うならサイトを確かめてみよう。

基礎化粧品の導入

化粧水

毎日、顔につける化粧水だからこそ、成分に着目するだけではなく、手触りや使い方などにまで考慮し、肌の変化を実感したいのが乾燥肌に悩む女性にいえるスキンケア内容です。基本的に、美容メーカーが推奨している適量となる化粧水をつけることで、ライン使いする際の次の美容成分も角層へ浸透しやすくなります。

Read More..